Driver license

卒業シーズン

1日でも早く自動車学校を卒業するには

卒業シーズンになると、高校を卒業したばかりの人々が自動車学校に殺到します。 この時期は、通常よりも自動車学校の生徒数が増加しますので、なかなか実技教習の予約が取れずに、卒業するまでに1ヶ月以上かかる人も多く存在します。 しかし、4月から就職する人や進学で県外に出る人は、3月中には卒業したいものです。 合宿教習を利用して短期で取得することも可能ですが、できることなら普段の生活を送りながら1日でも早く取得したいと思う人は、次の方法で取得が可能です。 この時期に1日でも早く卒業する方法は、朝一から最終の業務が終わるまで、自動車学校で1日を過ごすことです。 実技教習は、可能な限り毎日予約を入れておきます。 それに加えて、キャンセル待ちをして、1日2回実技教習を受けるようにします。 そうすれば、1ヶ月以内で免許を取得することも可能です。

自動車学校では嬉しい再会もあります

高校の卒業シーズンになると、自動車学校に通う人が多くいます。 地元の自動車学校に通えば、高校の同級生に遭遇する可能性も高いです。 また、高校は別になったものの、中学の頃の同級生と思わず再会するという可能性もあります。 当時はお互いあまり話したことがない相手でも、お互いが懐かしくなって自然と会話が弾み、知った顔がいると自動車学校に通うことが楽しくなるものです。 また、学科教習中には、様々な場面で試験があります。 その際には、先に試験を受けた同級生から情報を得ることができますし、また、仲間と一緒に同じ目標に向けて勉強に励むと、やる気が起きるものです。 中学時代の同級生が別の高校の友達と来ていた場合は、友達を介してさらに友人の輪が広がって、楽しい自動車学校生活を送ることができます。